舞鶴沖葛島でジギング サワラ、アコウが釣れました

スポンサーリンク

沖葛島付近でキス釣りで出船しましたが、エサ取りの猛攻で釣りにならなく、ジギングに変更しました。
これが成功で、サワラ、メジロ、アコウをGetすることができました。
アコウはリリースしたくらいです。
今回の記事は、沖葛島でのジギングを記事にしていきます。

スポンサーリンク
注意
  • 堤防は安全が保障されてはいません。ライフジャケットの着用は必須です。
  • このブログの情報は取材時の情報です。現在と異なっている場合があります。現地の指示に従ってください。

アオイマリーナで借りたボート

YAMAHA FR-21 ヤマハ発動機製の21フィートのボートです。
椅子は2つ付いており、クッションが効いて快適です。フィッシングボートとして設計をされていないので、釣り座は後部のみになります。
快適に釣りをしようと思うと、2人が適当だと思います。
価格  2160円/時間(税込み)+ガソリン代
ロッドホルダー  3本
電動トイレ有
魚探はHONDEX製8.4インチ魚探
自動巻きアンカーウィンチ装備

スポンサーリンク

舞鶴湾内の風景

舞鶴湾内濁りの写真
先日の豪雨の影響で、湾内はかなりの濁りが入っています。
アオイマリーナへの道中もいたるところで、泥が道路に流れ出していました。
湾内でキスをしようと思っていましたが、あまりの濁りに目的地を沖葛島に変更しました。

キス釣りをあきらめジギングへ変更

実績のある浅場の砂地でキス釣りをしましたが、フグ、ベラの猛攻で釣りになりませんでした。キス釣りでも海の状態でポイントも変わります。
今回はキスをあきらめ、岩礁帯でのジギングに変更しました。
途中で写真のような、ベイトを発見!
魚影発見の写真
フィッシュアラームが鳴りっぱなしになります。うるさいので途中でOFFにしたくらいです。
これはフィッシュイーターの付いているベイトの群れです。

まとめ

ジギングのセオリー通り、ベイトのそばにはフィシュイーターが付いており、サワラ×1、メジロ、アコウが釣れました。慌てていて、大きさの測定と写真撮影を忘れていました。
ですので、家で解体するときの写真しかありません。

ジギングはベイトが命
ジギングはベイトが命!ベイトを見つけられないと釣れる気がしないです。
しかし、イワシの群れに当たると、美味しい思いができます。
釣りをする前に、ベイトを見つけることが重要ですね。