ワークマン 防寒靴 EVAショートカラーワークブーツ

足元が冷える時期になり、防寒靴が欲しくなってきました。
日本海側の冬の寒さは、足元からも来ます。特につま先が冷えると、冷えが全身に伝わり防寒着の効果を台無しにしてしまいます。

今回もやはり働く男の為の店「ワークマン」から選びます。
防寒着イージスのインプレッションは【防寒着】ワークマン イージスでの釣りをご覧ください。

防寒EVAショートカラーワークブーツ TC購入まで

防寒EVAショートカラーワークブーツ TC写真
防寒EVAショートカラーワークブーツ TCの写真です。公式サイトはこちらです。
ワークマンの防寒着といえばイージスなのですが、長靴のイージスは防寒仕様ではありません。なので、今回の候補からイージスを外しました。
地面から4cm防水で、防水の部分以外は中綿の入ったダウンジャケットのような生地をした暖かそうな靴もあります。
こちらも防寒にたいしては文句なしの性能だと思うのですが、ジギングで、サゴシ、ハマチ汁がしみ込んだら臭いが取れない気がしました。
あと、冬の日本海でジギングをするには4cm防水ではすこし防水に関しては心もとないです。なのでこちらも候補から除外しました。
上記の理由で防寒EVAショートカラーワークブーツ TCを購入しました。

防寒EVAショートカラーワークブーツ TCの特徴

防寒EVAショートカラーワークブーツ TCの帯写真
写真は、製品の帯の画像ですが、防寒、軽量であることを強調してます。
どれほどのものか実際に測ってみましょう。

防寒EVAショートカラーワークブーツ TCの重さ写真
写真は2足分の重さです。両足で655gです。裏地の入った長靴(ショート丈)では十分軽いと思います。

防寒EVAショートカラーワークブーツ TCの詳細

生産国 中国
価格 2500円(税別)
素材 EVA
サイズ M(25.0cm)

靴底

防寒EVAショートカラーワークブーツ TCの靴底写真
こちらは靴底の写真です。青色と茶色にわかれています。茶色の部分が波型になっており、ぬれた路面でのグリップを確保していると思います。
素材は柔らかく、山が指で押すと変形するくらいです。

まとめ

やはりワークマン、価格は非常にお手頃です。
見た目はチープ。そこもやはりワークマン。
靴底の厚みが薄い気がします。こちらは実際に釣り場で使用して、寒さを防ぐことができるか試してみます。
試してみました。靴底が薄く柔らかいのと、靴に剛性がないため、段差のある場所は歩きにくいです。
足首がホールドされていないので、足と靴の一体感がなく、歩きにくいです。
あまり移動しない船の釣りにはお勧めです。

釣りポイントリンク

三重県

  • 四日市~伊勢市
    四日市市~松坂市のポイントを紹介します。
    名古屋からアクセスが良いのですが、水深が浅くちょい投げでの小物釣りポイントが多いです。
    四日市の霞埠頭海釣り公園は水深のあるポイントです。
  • 伊勢志摩
    三重県鳥羽市、南伊勢町、志摩市、大紀町の釣りポイントを紹介しています。
    田曽大突堤、波切漁港のような外洋にある大物狙いのポイントもありますが、湾奥の穏やかなポイントもあります。
  • 熊野市~大紀町
    大紀町、紀伊長島、尾鷲市、熊野市の釣りポイントを紹介しています。
    太平洋の海の青さを感じれるポイントが多いです。堤防の近くでナブラが立つポイントもあります。新鹿漁港は透明度の高い海水と白い砂浜で、南の島のような風景です。
    大阪、名古屋から距離がありますが、足を延ばす価値のあるエリアです。

和歌山県

  • 和歌山市、海南市
    和歌山市、海南市にある漁港は都市部に近い漁港で、駐車料金が必要な場所が多いです。しかし、アクセスが便利で、トイレや自動販売機などの設備が整った家族向けのポイントが多いです。
  • 広川町、湯浅町、有田市
    湯浅広港、箕島漁港は町に近い漁港です。田村漁港、栖原漁港、千田漁港、逢井漁港は町から離れており水質良好です。
  • 由良町
    自然の中にある戸津井漁港もあれば、街中にある年金波止、網代新波止など色々な漁港があります。
    戸津井漁港は自然豊かな漁港でおススメです。
  • 日高町、美浜町
    こじんまりとした漁港が多いエリアです。産湯漁港は海水浴場の横にあり、キス釣りにお勧めの釣り場です。
  • 御坊市
    上野漁港、祓井戸漁港など小型の漁港ですがアオリイカの好ポイントの多い場所です。
    塩屋漁港や日高港など大規模な港もあります。日高港は車を横付けできる場所ですが、太刀魚、アジなどのポイントです。
  • 田辺市、南部町、印南町
    芳養漁港、印南漁港、磯間漁港など大規模な港が多いです。
    水深のある漁港が多く、アオリイカ、サビキ釣り、かご釣りなど幅広い釣り方のできるポイントが多い場所です。
  • すさみ町、白浜町
    すさみ港のような大規模な漁港もありますが、ローカルなこじんまりとした漁港も多いです。
    アオリイカ釣りやサビキ釣り、キス釣りに適したポイントが多いです。
  • 串本町
    本州最南端で黒潮の影響の濃いエリアです。堤防での釣りといえども、大型のグレがいたりするので油断はできません。
    関西からも、中部からも距離があるので、釣り人が少ない場所もあり、場所によってはゆっくりと釣りができます。
    時間があれば、釣りに行きたい場所です。
  • 那智勝浦町~太地町
    大規模な港は勝浦港になります。ここはサビキ釣り、アオリイカもできるポイントです。
    地形が入り組んでいるエリアなので、堤防のそばでも水深の深い場所もあります。

福井県

  • 常神半島
    常神半島の釣りポイントを紹介しています。
    サビキ釣りに適した駐車スペースのある足場が平坦なポイントが多いです。
    海水の透明度が高く、人が少ないので私のお気に入りのポイントです。
  • 小浜市
    小浜市の釣りポイントを紹介します。
    小浜新港が有名なポイントです。阿納漁港など海水の透明度の高いポイントもあります。
  • 若狭・美浜町
    若狭町、美浜町の釣りポイントを紹介します
    世久見漁港は車で堤防の先端まで行ける特徴のある堤防です。食見の遊歩道は磯釣りが可能です。
  • 敦賀市
    敦賀新港、敦賀港のような街中のポイントもありますが、白木漁港など外洋に面したポイントもあります。
  • 高浜町
    音海大波止が有名ポイントです。
    日引漁港、上瀬漁港などこじんまりとしていますが、グレのポイントもあります。

京都府

  • 舞鶴市
    舞鶴親海公園が有名ポイントです。家族でサビキ釣りをするのに向いています。小橋漁港、田井漁港、野原漁港は舞鶴湾外でアオリイカのポイントです。
釣り餌、道具
スポンサーリンク
慎之介の釣り記録