堤防は安全な釣り場ではありません。ライフジャケットを着用しましょう。

防波堤はレジャーフィッシングで頻繁に使われる釣り場です。
私も釣りのデビューは防波堤でのサビキ釣りでした。

しかし、防波堤は一見安全なように見えますが、実際はリスクのある釣り場です。
この記事は、防波堤での釣りは危険が伴いますので、ライフジャケットを着用しましょう。ということを書いています。

この記事の対象者は初心者、これから防波堤で釣りをしようと思う方です。

日ごろから、ライフジャケットを着用されている方は、
何も得るものはありませんので読み飛ばしてください。

防波堤が安全な釣り場でない理由

  • 防波堤は釣りをするために作られていない
  • 落水するとしがみつく事ができない
  • 高さがあり登ることができない
  • 潮流が速く流される場合がある
  • 波、ウネリが高くなる場所にある

これから、防波堤が安全ではない理由の説明をします。

スポンサーリンク

防波堤が安全な釣り場でない理由

防波堤は釣りをするために作られていない

防波堤は港湾施設、係留された船舶を波、ウネリ、潮流から守るために作られたものです。

町から近い場所にあり、平坦なつくりで釣りがしやすいというだけで、釣りをするために作られたものではありません。

ですので、釣り人に対する安全対策は取られていません。

落水するとしがみつく事ができない

大島漁港白灯台先端足元
上の写真は防波堤を上から見下ろした写真です。
足元が垂直に切れ落ちており、水深もあるので、釣りをしやすい場所のように感じます。

しかし、この場所は垂直なコンクリートの壁の上です。
もし、落水するとつかまる場所がありません。

高さがあり登ることができない

松崎漁港堤防
上の写真は、三重県熊野市にある松崎漁港の防波堤です。
わかりにくいですが、上にいる人の大きさから推測すると、この防波堤の高さは5mくらいあります。

落水すると、登ることができる高さではありません。

潮流が速く流される場合がある

堤防先端
上の写真は、三重県南伊勢町にある田曽大突堤の先端です。
向かいは葛島で、五ヶ所湾の出口にあります。

潮が動いていない時撮影したので、湖面のように静かな状態です。
しかし、幅の狭い場所なので、大潮の時は川のような流れになるときもあります。

落水すると泳いで流れに逆らうことは難しいです。
もし、堤防の下まで泳いでこれても、垂直なコンクリートの壁が待っています。

波、ウネリが高くなる場所にある

白木漁港堤防の高さ
上の写真は福井県敦賀市にある白木漁港の堤防です。
車の高さと比較すると、堤防の高さがわかるかと思います。

これだけの高さの防波堤がないと、ウネリ、波から港湾施設、船を守れないということです。
ウネリが入るときは、外洋に面した防波堤への釣行は見合わせることをお勧めします。

ウネリの高さの判断ですが、場所によって千差万別なので、自己判断でお願いします。

晴天でも沖に低気圧があれば、ウネリは入ってきます。

スポンサーリンク

事故にあわない、もしくは生存率を上げる対策

防波堤は釣りをするために作られた施設ではありません。ですので、事故にあうリスクが発生します。
自然は何が起こるかわかりません。自然現象には性別年齢、経験の有無は関係なく巻き込まれます。
初心者だからと言って、手加減はしてくれません。

では、事故にあわない、あっても無事であるためには何をすればいいでしょうか。

  1. 釣りに行かない
    これが完全なリスク回避ですが、これを言い出すと何もできません。
    自然を相手にする遊びは、必ず危険のリスクを伴います。
    リスクの高さから、防波堤は初心者向けの釣り場ではないと思っています。
  2. 淡水の管理釣り場に行く
    淡水の管理釣り場は、釣りをするために作られた施設です。
    高波、ウネリ、潮流などのリスクを考えなくてよいので、堤防に比べると危険度は低くなります。子供を初めて釣りに連れていく場合は、淡水の管理釣り場が向いていると思います。
    ただ、隣の客との距離、仕掛けを投げる際は周りを確認するなどの対人の注意が必要です。
  3. ライフジャケットを着用して生存率を上げる
    海で釣りを楽しみたい方には、これが現実にあったリスク回避方法だと思います。

    国交省、海上保安庁、水産庁、警察庁によると、ライフジャケットの着用で生存率は2倍になるとの結果が出ています。
    ライフジャケットが命を守ります

    堤防で落水した場合は、浮かんで救助を待つ。ライフジャケットがあれば、浮かぶための体力の消費を抑えられます。

「防波堤は安全な釣り場ではありません」のまとめ

防波堤は釣り人のために作られた施設ではありません。
波、ウネリ、潮流から湾岸施設、船を守るための施設です。
ですので、釣り人の安全を考えて作られていません。

ライフジャケットを着用していると、落水時の生存確率が上がります。
防波堤で釣りをされる際は、ライフジャケットを着用しましょう。

釣りは楽しいレジャーです。この記事が、悲しい事故を減らすお役に立てたら幸いです。

釣りポイントリンク

三重県

  • 四日市~伊勢市
    四日市市~松坂市のポイントを紹介します。
    名古屋からアクセスが良いのですが、水深が浅くちょい投げでの小物釣りポイントが多いです。
    四日市の霞埠頭海釣り公園は水深のあるポイントです。
  • 伊勢志摩
    三重県鳥羽市、南伊勢町、志摩市、大紀町の釣りポイントを紹介しています。
    田曽大突堤、波切漁港のような外洋にある大物狙いのポイントもありますが、湾奥の穏やかなポイントもあります。
  • 熊野市~大紀町
    大紀町、紀伊長島、尾鷲市、熊野市の釣りポイントを紹介しています。
    太平洋の海の青さを感じれるポイントが多いです。堤防の近くでナブラが立つポイントもあります。新鹿漁港は透明度の高い海水と白い砂浜で、南の島のような風景です。
    大阪、名古屋から距離がありますが、足を延ばす価値のあるエリアです。

和歌山県

  • 和歌山市、海南市
    和歌山市、海南市にある漁港は都市部に近い漁港で、駐車料金が必要な場所が多いです。しかし、アクセスが便利で、トイレや自動販売機などの設備が整った家族向けのポイントが多いです。
  • 広川町、湯浅町、有田市
    湯浅広港、箕島漁港は町に近い漁港です。田村漁港、栖原漁港、千田漁港、逢井漁港は町から離れており水質良好です。
  • 由良町
    自然の中にある戸津井漁港もあれば、街中にある年金波止、網代新波止など色々な漁港があります。
    戸津井漁港は自然豊かな漁港でおススメです。
  • 日高町、美浜町
    こじんまりとした漁港が多いエリアです。産湯漁港は海水浴場の横にあり、キス釣りにお勧めの釣り場です。
  • 御坊市
    上野漁港、祓井戸漁港など小型の漁港ですがアオリイカの好ポイントの多い場所です。
    塩屋漁港や日高港など大規模な港もあります。日高港は車を横付けできる場所ですが、太刀魚、アジなどのポイントです。
  • 田辺市、南部町、印南町
    芳養漁港、印南漁港、磯間漁港など大規模な港が多いです。
    水深のある漁港が多く、アオリイカ、サビキ釣り、かご釣りなど幅広い釣り方のできるポイントが多い場所です。
  • すさみ町、白浜町
    すさみ港のような大規模な漁港もありますが、ローカルなこじんまりとした漁港も多いです。
    アオリイカ釣りやサビキ釣り、キス釣りに適したポイントが多いです。
  • 串本町
    本州最南端で黒潮の影響の濃いエリアです。堤防での釣りといえども、大型のグレがいたりするので油断はできません。
    関西からも、中部からも距離があるので、釣り人が少ない場所もあり、場所によってはゆっくりと釣りができます。
    時間があれば、釣りに行きたい場所です。
  • 那智勝浦町~太地町
    大規模な港は勝浦港になります。ここはサビキ釣り、アオリイカもできるポイントです。
    地形が入り組んでいるエリアなので、堤防のそばでも水深の深い場所もあります。

福井県

  • 常神半島
    常神半島の釣りポイントを紹介しています。
    サビキ釣りに適した駐車スペースのある足場が平坦なポイントが多いです。
    海水の透明度が高く、人が少ないので私のお気に入りのポイントです。
  • 小浜市
    小浜市の釣りポイントを紹介します。
    小浜新港が有名なポイントです。阿納漁港など海水の透明度の高いポイントもあります。
  • 若狭・美浜町
    若狭町、美浜町の釣りポイントを紹介します
    世久見漁港は車で堤防の先端まで行ける特徴のある堤防です。食見の遊歩道は磯釣りが可能です。
  • 敦賀市
    敦賀新港、敦賀港のような街中のポイントもありますが、白木漁港など外洋に面したポイントもあります。
  • 高浜町
    音海大波止が有名ポイントです。
    日引漁港、上瀬漁港などこじんまりとしていますが、グレのポイントもあります。

京都府

  • 舞鶴市
    舞鶴親海公園が有名ポイントです。家族でサビキ釣りをするのに向いています。小橋漁港、田井漁港、野原漁港は舞鶴湾外でアオリイカのポイントです。
釣りポイント
スポンサーリンク
慎之介の釣り記録