【釣り】舞鶴でサバの切り身を使った根魚釣り。カサゴ、アコウをお土産にキープ

スポンサーリンク

この記事は、当ブログ記事の「【釣り餌】サバの切り身の作り方。エサ取りに強いです!」に記載の作成方法で作成した、サバの切り身を用いて釣りをした記事です。
レンタルボートはいつもの、ベイブルーでレンタルしました。ポイントは舞鶴湾口付近です。
釣果は15㎝位のカサゴが入れ食い。28㎝の量型カサゴ、35㎝のアコウが釣れました。当日使用した仕掛け、釣果の写真を紹介します。

スポンサーリンク
注意
  • 堤防は安全が保障されてはいません。ライフジャケットの着用は必須です。
  • このブログの情報は取材時の情報です。現在と異なっている場合があります。現地の指示に従ってください。

サバの切り身を使用した仕掛け

タイラバ

タイラバのスカートを外し、針にサバの切り身をチョンがけします。針は皮から刺します。今回使用したのは60gくらいのタイラバです。水深50mくらいのエリアを探る際や、風が強い時、潮の速い場所で使用します。

中通しオモリ

中通しオモリ15号とタイラバフックを使用します。水深20m位の浅い場所で使用します。この仕掛けを使用するメリットは、根掛りして仕掛けをロスとしても財布が痛まない事です。

スポンサーリンク

サバの切り身を使用して釣れた魚

15㎝位の小さなカサゴ

サバの切り身で釣れたカサゴ
このサイズのカサゴは時合に入ると入れ食いになります。お土産をキープした以外はすべてリリースです。最初にこのサイズが釣れるポイントは、これ以上大型のカサゴは居ません。恐らく叩かれているポイントです。

28㎝のカサゴ

28㎝のカサゴ
叩かれていないポイントでは、大型のカサゴが釣れます。水深は20mくらいのポイントですが大型は居ます。海図では地形の変化が表示されない場所で、魚探では地形の変化が表示される場所を探します。このような場所は、叩かれる可能性が低いので大型のカサゴが居る可能性が高くなります。

30㎝のアコウ

30㎝のアコウ
まさか、30㎝を越えるアコウがサバの切り身で釣れるとは思いませんでした。ルアーや生餌のような動くものでないと釣れないと思っていました。こちらも、大型のカサゴと同じで、他の人が叩いていないポイントで釣れました。

サバの切り身での根魚釣りまとめ

サバの切り身ですが、身が硬くエサ取りに強いので、水温が高くなってきた時期に重宝します。釣れるのはほとんどがカサゴですが、たまにアコウが混じります。ひたすら底を叩くとそれなりの釣果になると思います。次回は、砂地を探ってアマダイを狙いたいと思っています。